東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社

HOMEコア技術ソフトウェア技術車載・交通

車載・交通

培ってきた半導体や映像・通信系の技術を応用し、
さまざまな車載製品やシステムのソフトウェアを開発。

さまざまな製品の開発・設計に携わることで培ってきた半導体技術や映像・通信系の技術を応用し、各種車載製品やシステムのソフトウェアを開発しています。車載制御系では電動パワーステアリング、車載情報系はディスプレイオーディオとカーナビゲーションを中心に開発を担当。車載制御系では、モデルベース開発手法を導入し、高品質・高信頼性の実現と均一化、工数削減、開発期間の短縮、保守性の強化などを実現しています。
今後は、マルチコアの画像認識プロセッサ「Visconti™」が持つ車線や歩行者などをリアルタイムに検知する機能を活用して、先進運転支援システムの開発を推進したり、液晶テレビ開発で培った先進テクノロジー「超解像技術」を車載機器に導入し、低解像度のデジタルコンテンツからでも高精細な映像が車内で楽しめるようにするなど、安全で楽しく新しいカーライフの実現に貢献します。

車載・交通

2016/10
ISO 26262規格における安全度水準 ASIL D でのソフトウェア開発に対応したことを第三者試験・認証機関の適合分析で確認
別ウインドウで表示 (詳細 別ウインドウで表示)
このページのトップへ

東芝デベロップメントエンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

Copyright