東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社

HOMEデジタルイノベーションAI・エッジコンピューティング事例のご紹介

事例のご紹介

エッジコンピューティング・AI技術を活用した開発事例をご紹介します。

  1. No.001 セキュリティカメラ制御アプリ開発支援
  2. No.002 アイケア(眼底検査装置)によるAI病変検出システム
  3. No.003 精密部品のAI検査システム実装

No.001 セキュリティカメラの制御アプリ開発支援

  • GPGPU活用
  • 画像認識
  • CSIカメラドライバ
  • お客様

    株式会社クリューシステムズ 様

  • 業種

    AIプラットフォーム事業クラウド型監視事業

  • 課題

    必要に応じてシステムをネットワーク上でアップデートできるAIセキュリティカメラが必要。要求を満たすようにCSIカメラドライバを自社で開発したが画像取得に問題発生。また、量産を実現するには何が必要で、更にはどんな技術を組み合わせれば良いかなどを相談したい。

オフィスビルや駐車場のセキュリティカメラシステムのイメージ

施策と効果

オフィスビルや駐車場のセキュリティカメラシステム

オフィスビルや駐車場のセキュリティカメラシステムの図

要求されたカメラサイズや機能にマッチする回路設計とPCBレイアウトについて技術支援。標準BSPのカスタムとGPUによる画像処理の高速化、更にはCSIカメラドライバの問題を解決。GPU内蔵SoC搭載のハードウェア開発で業界初のAI搭載セキュリティカメラシステムの量産化に貢献。当製品は、ビルや駐車場などでセキュリティカメラとして稼働中。

No.002 アイケア(眼底検査装置)による高速・高精度撮影システム

  • GPGPU活用
  • 演算処理速度の高速化
  • CSIカメラドライバ
  • お客様

    株式会社トプコン 様

  • 業種

    アイケア(眼底検査装置)の設計・開発・製造

  • 課題

    画像処理を高速化し、検査時間をより短縮したい。
    NVIDIA社のSoCを使って実現したいが、開発ノウハウがない。

多彩な撮影機能と充実の解析機能が特長、同社の3次元眼底像撮影装置のイメージ

施策と効果

医療現場での眼底検査システムの図

同社開発の3次元眼底撮影装置「3D OCT-1(Type:Maestro2)」は眼の健診や診察等で使用されている。高度な画像処理機能と、短い検査時間における正確な判定を求められる医療機器である。
これに対し当社は、GPGPUプラットフォームを活用したシステムを提案。画像処理のアーキテクチャを熟知した当社メンバがCSIカメラドライバを開発し、画像処理の高速化に成功。医療現場での検査時間と待機時間の短縮を実現した。

No.003 精密部品のAI検査システム実装

  • 自動化・効率化
  • 画像認識
  • スマートファクトリー
  • お客様

    武蔵精密工業株式会社 様

  • 業種

    自動車・汎用機器等部品の製造及び販売

  • 課題

    製造現場での目視検査を自動化し、検査時間を短縮したい。
    また、人によってばらつきがある検査精度を均一化したい。

小型化・軽量化において世界最高水準を誇る、同社の駆動系部品のイメージ

施策と効果

部品の自動検査システム

部品の自動検査システムの図

検査の自動化にあたり、お客様の課題を抽出。回路設計、PCBレイアウト、BSPカスタマイズ、ミドルウェアの開発、および製造開始まで一括サポート。AI技術を実装した、均一で効率的な検査自動化システムに貢献する「Edge AI Kit」を開発。
これにより、検査時間の短縮と、目視に頼らない高い検査精度を実現。製品品質が安定し、不良品の市場流出削減に至った。本システムは、後にJetson内蔵の自動検品システム「Neural Cube」として武蔵精密工業より販売開始。画像判定・音声認識・データ分析など様々なタスクに合わせてAIを実装できる制御システムとして、注目を集めている。

東芝デベロップメントエンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

TOPへ