東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社

HOMEモビリティモデルベース開発ソリューション

モデルベース開発ソリューション

制御系車載機器ソフトウェア開発現場において、開発工数の削減と高品質の両立を実現。

モデルベース開発とは

モデルベース開発とは、シミュレーション技術を取り入れたシステム開発手法です。モデルベース開発においては、ハードウェア機器実物の完成を待たずにシミュレーション環境上でソフトウェアの実装、検証作業を進められ、仕様書としても扱うことができます。モデルから自動的にコードを生成できることから、特に制御系の車載システム開発現場で活用されています。
当社はモデルベース開発において、制御する側としての「コントローラモデル」と制御される側としての「プラントモデル」、どちらについても開発の経験があります。[プラントモデルの設計→実装→検証]、[コントローラモデルの設計→実装→検証]、またそのソフトウェア統合まで、幅広い開発に貢献できます。

モデルベース開発にはどんなメリットがある?実施には何が必要?

部品実物を製品に実装・検証する場合と比べ、コスト・工数の削減や生産性向上といったメリットが挙げられます。一方、導入には制御工学(古典制御、現代制御)、デジタル信号処理や物理学、数学に基づいた設計技術や、ツールへの知識が必要となります。

モデルベース開発の活用例

EPS制御を対象にモデルベース開発における実際の工程例を示します。

①プラントモデルの設計と実装

  • 制御される側のモデルであり、最終的には制御対象機器(センサー、バッテリ等の電源、制御基板、ソフトモジュール等)
モデルベース開発の活用例

②コントローラモデルの設計と実装

  • 制御する側のモデルで、最終的に開発対象の制御モジュール
  • 上記をMILS(Model In the Loop Simulation)環境等で接続してシミュレーション検証を行います。プラントモデルの前段に、仕様に基づいた制御器(コントローラ)を入れます。また、プラント側のセンサフィードバックをコントローラ側に入れ、出力値調整が行えるようにします。モデルの実装としてSimulink®を使い、コントローラモデルの設計に基づいた「連続時間のコントローラモデル」を作成し、ソフトウェア用の「離散時間のコントローラモデル」を作成します。モデルの検証として「連続時間」と「離散時間」のコントローラモデルから振る舞いのテストを行います。

  • コントローラとプラントの関係イメージ図

東芝デベロップメントエンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

TOPへ