東芝デベロップメントエンジニアリング株式会社

HOMEモビリティモデルベース開発ソリューション

モデルベース開発ソリューション

制御系車載機器ソフトウェア開発現場において、開発工数の削減と高品質の両立を実現。

当社では、電動パワーステアリング(EPS:Electric Power Steering)、電動パーキングブレー(EPB:ElectricParking Brake)をはじめとしたモータ制御を伴う車載機器ソフトウェアの開発実績があり、この技術を活かしたサービスを提供しております。
制御系車載機器ソフトウェア開発にはモデルベース開発(MBD)の導入が急速に普及しており、その導入により、高品質・高信頼性の実現と均一化、工数削減、開発期間の短縮、保守性の強化などを実現しています。モデルベース開発では、コンピュータ上で作成したシミュレーション可能なモデルを仕様として活用するため、実機を用いずにシステム設計からソフトウェア設計、ソースコードの生成、妥当性検証まで行え、効率的な開発を行うことができます。
当社はモデルベース開発において、制御する側としてのコントローラモデル、制御される側としてのプラントモデルどちらについても開発の経験があります。

  • 制御工学(古典制御、現代制御)、デジタル信号処理や物理学、数学に基づいた設計を実施しています
  • 「プラントモデルの設計→実装→検証」、「コントローラモデルの設計→実装→検証」、「ソフトウェア統合」まで幅広い開発経験があります。

モデルベース開発における実際の工程例

●電動パワーステアリング(EPS)の制御

①プラントモデルの設計と実装

モデルベース開発における実際の工程

②コントローラモデルの設計、実装、検証

プラントモデルの前段に、仕様に基づいた制御器(コントローラ)を入れます。
また、プラント側のセンサフィードバックをコントローラ側に入れ、出力値調整が行えるようにします。(下図)
モデルの実装としてSimulinkを使い、コントローラモデルの設計に基づいた「連続時間のコントローラモデル」を作成し、ソフトウェア用の「離散時間のコントローラモデル」を作成します。モデルの検証として、「連続時間」と「離散時間」のコントローラモデルから振る舞いのテストを行います。

コントローラとプラントの関係イメージ図

東芝デベロップメントエンジニアリングトップページ | 個人情報保護方針  | サイトのご利用条件

TOPへ